キャットシッターmedel(メデル)は、不在時の不安を取り除くために、動画撮影&SNS共有!埼玉県さいたま市から、東京都など、どこへでも行きます。

基本編

キャットシッターの選び方:基本編

ペットシッター・キャットシッターを選ぶ際に基準とするべき項目が、5つあります。
まずは、この5つは必ず押さえましょう!

1)動物取扱業として申請→認可を受けているか

動物取扱業の登録をした者以外、ペットシッター・キャットシッターになることは出来ません。
つまり、ペットシッター・キャットシッターを名乗るには、動物取扱業である必要があります。
動物取扱業を開業するためには、以下の条件のいずれかをクリアしている必要があります。
つまり、いくら猫が好きでも、飼育経験が豊富でも、猫を懐かせることが超人的に上手だとしても…資格なしに営むことは出来ないのです。

  • 実務経験がある
    営もうとする第一種動物取扱業の種別と同一種別での半年以上の実務経験があることが必要です。
  • 教育機関を卒業している
    営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術について1年間以上教育する学校法人(学校教育法第1条に掲げる学校、専修学校及び各種学校 )やその他の教育機関を卒業していることが必要です。
  • 資格を持っている
    公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていることが必要です。

また、動物取扱業を営む場合「動物愛護管理法に基づく表示」を義務付けられています。
medelでも以下のように、表示を行っております。
動物愛護管理法に基づく表示

これらの表示を行っていないペットシッター・キャットシッターは、表示義務違反、もしくは無資格である可能性があります。
絶対に、避けてください。

2)保有している資格は何か

ペットシッター・キャットシッターを営むために、動物取扱業の認可が必要と記載しました。
動物取扱業には、5つの業態があります。
「販売・保管・貸出・訓練・展示」です。
そのうち、ペットシッター・キャットシッターが含まれる業態は、「保管」です。
つまり、「保管」のみ、申請できれば問題ありません。
※medelは、「保管・訓練」の2業態を申請→認可されています

念のため、以下のサイトを参照してください。
※参照:東京都福祉保健局動物愛護相談センターホームページ「動物取扱責任者の要件」

環境省が知識及び技術を習得していることの証明として認めている資格」が記載されています。
5つの業態全てを申請出来る資格もあれば、限られている資格もあります。

このように、一言で「動物取扱業」と言っても、どういった背景を持って申請しているか?
なども分かるようになると、飼い主さまにとって選ぶ基準が、増えてくるかと思います。
※medelは、愛玩動物飼養管理士1級を所有しています

3)趣味ではなく、ビジネスとして対応しているか

これらの法律に則っているかは、最低限の「選ぶ基準」です。
これらの法律に則った上で、趣味ではなく、ビジネスとして営んでいるか?も、基準の一つとして良いかと思います。
例えば…

  • ペットシッター・キャットシッターの経歴がはっきりしない
  • 顔や姿が見て取れない
  • 住所や連絡先が明記されていない
  • ホームページが単なる「飼い猫日記」になっている
  • メールや電話を使って連絡をとろうとしても、回答や返答が遅い

などは、避けたほうが良いでしょう。
(そもそも、動物愛護管理法に基づく表示を行っていれば、住所や連絡先は明記されているはずです。)

次でご説明する「信頼できる人物か」を判断することにも繋がります。
仕事として自らの責任のもと、情報開示しているか?も、基準に加えて良いかと思います。
飼い主さまの情報だけが相手に渡るアンフェアな状態は、避けたいですね。

4)信頼できる人物か

ペットシッター・キャットシッターは、飼い主さまのご自宅に上がるため、鍵をお預かりします。
そして、猫ちゃんを探したり、お世話するためにあらゆる部屋に入り込みます。
その人物が、信頼出来るかどうか。
人物としてどうかと言う前に、仕事を依頼する相手として信頼できるか?を一度、考えてみましょう。
まず…

  • お打合せの際にメモを取らない
  • 契約書など書類のやりとりが無い
  • 名刺など、自分の連絡先、必ずやりとりが出来る窓口を記したものを渡さない
  • 「猫をたくさん飼っているから大丈夫」「今まで一度も事故はないから平気」などと、ビジネスとして信頼し得る情報ではなく、曖昧なことしか話さない
  • 飼い猫に関するヒアリングが系統だっておらず、漏れがありそうに感じる(ヒアリングシートなどが存在しない)

などは、大いに危険です。
たいてい、こういった場合のペットシッター・キャットシッターは、無資格であることが多いですが、資格保有者でもしっかりとビジネスとしてコミュニケーション出来ない相手は、避けるほうがよいでしょう。
※人物として信頼できる相手かどうかを見極める基準については、応用編に詳しく記載しています

5)経験を積み重ねているか

知識や、資格だけがあっても、動物とのコミュニケーションは、成り立ちません。経験が必要です。
その経験とは、何を指すのか。
業務として、ペットシッター・キャットシッターを営んできた経験が長いことが、最も信頼できる「経験」でしょう。
加えて「猫とどういった生活を営んできた人か」が、「経験」に入ると言えます。

猫ちゃんのお留守番サポートは、獣医師のような専門性が必要とされるものではありません。
はっきり言ってしまえば「猫おばさんの仕事」と、思っている方も多い世界です。
しかし、資格を有し、申請をして認可を受けたものしか営めないことは、ここまで記したとおりです。
その理由は…

動物の生態や行動、人との関わり方、愛護の気持ちの正しい扱い方、コミュニケーションの方法などを、有していることが前提となるからです。

それらは、資格を得るために学ぶだけでは、到底、得られません。
ぜひ、ペットシッター・キャットシッターがどのように動物たちや猫ちゃんたちと生きている人物なのかも見極めて、彼らの「経験」を感じ取ってください。

これら5つが、「キャットシッターの選び方:基本編」となります。
次は、これらを踏まえての「キャットシッターの選び方:応用編」です。

埼玉県さいたま市から、どこでも行きます! TEL 050-3554-0299 さーここよ!おーにくきゅう!
9:00-20:00(土日祝も受付)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら
medelの心を伝える猫ブログ「medel Heart」こちら!
地域猫Project 野良猫を減らそう!かつどう!
Instagramアカウント
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © キャットシッターmedel(メデル) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.